ネットマナー広場 絵板のマナー講座コンテンツ > コメントのマナー 前へ 次へ
  他の注意点  
コメントのマナーに限らず、その他の注意点です。


● 連続投稿はOKですか?
絵板での「連続投稿」というのは・・・
自分が絵を描いた後に、他の人が絵を描くのを待たずに再び描くことです。
コメントの連続を指すこともありますが、絵の連続を指すことが多いです。

連続投稿がOKかは、絵板によって違います。
管理人が注意書きなどで明言していることがあるので、よく見てみましょう。

管理人が何も言っていない場合、連続投稿禁止と考えましょう。
諸説ありますが、連続投稿禁止と考えるのが無難です。
どうしても連続投稿可能かわからない場合は、管理人に聞いてみるのも手です。
管理人が連続投稿していても、他の人が連続投稿OKという意味ではないですよ。

○ 自分ばかり書き込む状態には、ご注意を。
他の人に比べて、自分だけがやたら多く書き込む状態にはご注意を。
喜ばれることもありますが、嫌がられる場合もあります。

特定の人の相手ばかりするのを嫌だと感じる管理人さんも、多いです。
特定の人ばかり来る場所だと、他の人が来づらくなりがちですし・・・。
書き込みの頻度は、ほどほどに抑えるのが無難でしょうね。

● 削除パスワードは、入力しましょう。
投稿の際に、パスワード入力欄のある絵板が多いですね。
これは削除や編集に使います。必ず入力することをお勧めします。

コメントを書き損じたときに、自分で修正できるので便利です。
自分で修正できるものを管理人に頼むなんて、ダメですよね。
もちろん、入力したパスワードは忘れないようにしましょう。

△ 途中保存には、遠慮が必要ですよ。
パスワードを入力すると絵を続きから描き直せる絵板も、多いですね。

描きかけの絵を保存する場合は、途中保存だとコメントに明記しましょう。
そして、なるべく早く続きを描きましょう。
放置するのは、1週間くらいが限度です。

途中保存の絵を残したまま新規の絵を描くのは、良くないです。
新規で描きたければ、途中保存の絵を削除してから描きましょう。

● アップロード投稿は、控えめに。
「アップロード機能」を持った絵板も、少なくありません。
この機能は、自分のマシンに保存してある画像を、そのまま投稿する機能です。

アップロード専用の絵板以外では、ほどほどにしましょう。
その絵板で描いたほうが、ずっと喜ばれますよ。

当然ですが、他人の絵をアップロードして「自分の絵」と言えば犯罪です。
また、同じ絵を複数の絵板にアップロードするのは、嫌われやすいですよ。

▲ 投稿失敗と思っても、確認しましょう。
絵やコメントの投稿が失敗することは、あります。
でも、失敗したらしいときでも、実は成功していることがあります。

念のため、絵板のページを表示してみましょう。
絵だけ投稿されていたら、急いでコメントを書きましょう。

▲ ブラウザのバックや再表示には、要注意。
ブラウザで絵板を再表示する場合には、注意が必要です。
投稿直後に再表示すると、同じ投稿を繰り返す結果になるかも。
「再表示」は、直前の送信を繰り返す操作です。
通常は絵板のシステムがエラーにしますが、エラーにならないと「荒らし」と間違われます。

ブラウザでの「戻る」や「進む」も、似た問題を引き起こすことがあります。
ブラウザの種類や設定によるので、一概には言えません。

▲ やっぱり著作権には要注意!
例えば、歌の歌詞を無断で掲示板に転載したら、明らかな著作権侵害です。

他人の著作物を、著作者に無断で公開の場に転載すれば、著作権法違反です。
犯罪なので、法的手段に訴えられても文句は言えませんよ。

法的に「引用」に相当すれば良いのですが・・・
「転載」と「引用」の区別が付かない人は、「引用」も避けるべきです。
知らないうちに犯罪者になったら、シャレになりませんからね。

△ 他人の絵を保存するだけなら、自由です。
他人の描いた絵を、自分のパソコンに保存する行為は・・・
自分だけで楽しむのなら、作者に無断でもOKです。
これは法律で保証されており、拒絶する権利は作者にもありません。
でも、作者に許可を求めると、作者とコミュニケーションできて良いかも。

もちろん、自分で描いた絵なら、他人の絵板に描いた絵でも流用可能です。

△ 作者に無断でWeb上で公開すれば、犯罪です。
作者に無断でWeb上で公開したりすれば、完全な違法行為です。
人に見せたり配布したりするには、作者の許可が必要です。
例えば、作者に無断で学校のパソコンで壁紙にしたら、NGですよ。

自分の作品だと偽って公開するのは、当然、悪質な著作権侵害です。
加工して公開するのは・・・更に悪質な著作権侵害です。
著作権侵害は犯罪です。訴えられても知りませんよ。

● 基本は、他人への思いやりです。
このマナー講座で説明していないことは、ありますよ。
でも、常識で判断すれば、きっと大丈夫です。

基本は、人への思いやりです。
相手の立場になって「こんなことされたら嫌だな」と思うことはしない。
それが、一番の基本です。

○ 管理人にならないと分からないことも、あります。
でも、管理人になってみないと分からないことも、あります。
マナー違反の人にキレる管理人の心理を知りたければ、以下のサイトへどうぞ。

毒吐きネットマナーPlus


※ 管理人さん、工夫してください。 (管理人向け)
自分のサイトにひっそりと注意書きを置いている管理人さんをよく見かけます。
そして「PR掲示板」など、注意書き以外の入り口を設けていたり・・・。
注意書きに気付かない人が多いのは、当然です。

そういう管理人さんに限って、注意書きを読まないと怒り出したりします。
・・・怒る前に、自分に落ち度がないか考えましょう。

注意書きを目立たせるように、工夫しましょう。

> 初心者相手に怒っても、虚しいと思いますよ・・・ (管理人向け)
初心者さんがマナーを知らないのは、当然のことです。
怒っても解決にはなりません。

押し寄せる初心者さんにいちいち怒っても、労力の無駄です。
初心者さんがルール違反をしないように工夫しておきましょう。


Copyright (C) 2005-2012 ルード All Rights Reserved.
inserted by FC2 system